042-765-6460
(営業時間|平日9:00~17:00)
社会学思想史にみる人間と社会
  • 仕様:A5判並製
  • 237ページ
  • ISBN4-88359-004-6
  • 発行日:1998/03/08

社会学思想史にみる人間と社会

-マックス・ウェーバーとカール・マンハイム社会学研究-

山田隆夫

定価2,096円(1,905円+税)

在庫:あり

フォームから注文

概要

本著は『中京大学教養論叢』や『名古屋大学社会学論集』などに書いたK・マルクスやM・ウェーバーなどの研究論文を、彼らの社会観、人間観から社会と人間にスポットをあてなおして詳細に論述したものである。

著者紹介

中京大学教授。

    【主著・訳書】
  • 『H・スペンサー社会学の研究』(人間の科学社)
  • 『マルクス主義の再検討』(人間の科学社)
  • 『ヒューマニズム』(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)(人間の科学社)
  • 『社会学思想史-イデオロギーと社会学理論の発展-全』(I・M・ツァイトリン著、青山社)
  • 『社会学へのチャレンジ』(文化書房博文社)山田隆夫他共著
  • 『社会と文化-自然・環境、社会と文化、婚姻・家族-』(文化書房博文社)
※発行時の奥付より

装幀